自分を責めてしまう人は、6秒間その思いを感じてみよう。そうすれば原因がわかる

自分を責めてしまう人は、6秒間その思いを感じてみよう。そうすれば原因がわかる

自分を責める人は人一倍責任感がある

自分を責めてしまうことってありませんか?

 

大なり小なり多くの人は、あると思います。

失敗したとき、相手を傷つけてしまったとき

 

なんでこうなったんだろう?どうせ自分はダメだ、と思ってしまうことありませんか?

自分を責める、自己卑下をしてしまう人は、人一倍責任感が強い人です。

 

ただ、自分が原因でないのに、自分を責めてしまうこともあります。

そうすると生活すべてにおいて臆病になってしまい、うまくいかないことが続いてしまいます。

 

そのような状況を打開する方法をお伝えします。

 

6秒間、今の状態を心で感じる

それは自分を客観的に見ることです。

 

いうことは簡単ですが、実際にやろうとすると結構難しいです。

いいときはできますが、悪いとき、特に自分を責めている状態で、自分を客観的に見るということは至難の業

 

なので、いちど自分を責めることをやめると客観的に見ることができます。

 

その方法は、今の自分の感情を心の中で言語化する

自分の思っていることを実況中継することです。

 

わたしはいま、このような思いになっている。

失敗したことで、泣きたい、もう嫌だという思いになっている。

 

心で感じているその状態を言語化、実況中継してみてください。

時間としては6秒くらい

 

6秒間、心で感じている思いに意識を向けると、その思いは消えます。

このことは科学的に証明されていることです。

 

こちらの記事は怒りですが、怒り以外の感情でも有効です。

 

この結果になった原因を自分は知っている

6秒くらい過ぎた後、自分自身に対して、問いかけてください。

「このような結果になったのは、私の中の何が原因でしょうか?」

 

問いかけることで、客観的に物事を見ることができます。

そうすると失敗した原因、うまくいかなかった原因が見えてきます。

 

原因がわかると、次にどのような行動をすれば解決するかがわかるようになるので、自分を責める頻度は減ってきます。

自分を責める頻度が減ると、どんどんと良いことが起きます。

 

自分の心の感情を言語化することは、自分を落ち着かせることもできます。

気が付いたときに実践してみてください

本当の心カテゴリの最新記事