2019年5月

  • 2019.05.28

身の回りの人工知能vol2 画像認識の精度がハンパないGoogleフォト

Googleフォトとは GoogleフォトはもともとGoogle+の一部機能として存在していましたが、Googleフォトとして2015年にスタートしたGoogleのサービスです。 文字通り撮影した写真を保存できるクラウドサービスで、圧縮して保存する場合、容量無制限で利用することができます。 1600万画素以上の写真を画質を落とさずに保存する場合は、容量の制限があります。(通常だと15BGまで) 容 […]

  • 2019.05.25

eSportsの女性ファンは9割もいる?!

韓国では、eスポーツの女性ファンが9割いるそうです。それだけ、女性が集まっていると男性も集まってくるので、より一層大きな大会を開催することができますね。 2019年より国内で様々なeSportsの大会が開催され、注目されてきています。   2019年に入ってから上記のような大会が開催されました。今後も開催されるようです。このようにeスポーツは国内で浸透していくために、様々な分野の大会をし […]

  • 2019.05.24

全国高校eスポーツ選手権 ロケットリーグ

国内では昨年よりeスポーツの大会が全国各地で開催されました。1億円を超える賞金が出た大会もありました。その大会の一つである第1回全国高校eスポーツ選手権が今年の3月23日、24日に行われました。 この大会のゲームは、ロケットリーグとリーグオブレジェンド(LOL)。どちらもチームプレイが重要なカギとなるゲームです。 今回はロケットリーグについて、紹介をしようと思います。   ロケットリーグ […]

  • 2019.05.22

身の回りの人工知能vol1 ルンバの進化

実は身近にある人工知能 人工知能(AI)という言葉を聞くようになったのは、2016年から2017年にかけて行われた電脳戦です。AIが囲碁のトップ棋士やポーカーの世界トッププレイヤーを破ったことで、注目され始めました。 次に人工知能を聞くようになったのは医療の分野です。様々な症例や病気の情報を学習すると、病気になっている人はどのような種類の病気なのか、腫瘍があるのかを割り出し、適切な診断を出すことが […]

  • 2019.05.18

WHOも警鐘!プロゲーマーはゲーム中毒(依存)なのか?

先日、尾木ママがeSportsの大会やゲーム中毒(ゲーム障害)についてのコメントがあり、一時Twitterがあれたことがありましたね。つい最近です。   ゲーム依存症については、WHOが定めた基準があります。では、プロゲーマーはゲーム依存症なのでしょうか?4つの観点から見てみます。   ゲーム障害の4つの定義 ゲーム障害が話題に上がったのは、WHOは約30年ぶりに改定したあらた […]

  • 2019.05.15

プロゲーマーになれる人の5つの特徴

国内でも様々なeSportsの大会が開かれるようになってきました。ますます注目されているeSprotsですが、大会で優勝するにはプロゲーマーになることが近道。 では、プロゲーマーになれる人はどのような特徴があるのでしょうか。 プロゲーマーと聞くと、ゲームが強いことやゲームオタクというイメージがあると思います。しかし、強いだけ、知識があるだけではプロゲーマーはそれだけではなることはできません。 様々 […]

  • 2019.05.10

プロゲーマーになるための5つの方法

プロゲーマーとは プロゲーマーはゲーム会社などがスポンサーとなって生活基盤を保証した上で活動したり、海外の大会への遠征費やパーツ(ビデオカード、ヘッドセット、マウス、マウスパッドなど)の提供を受けて活動する者もいる。 日本国内で、スポンサーがつくようになったのは2018年から。KDDIやクレディセゾン、大塚商会などゲーム会社ではないナショナルクライアントがスポンサーとしてプロゲーマーチーム「Det […]