子どものなりたい職業の1位がプロゲーマー

NO IMAGE

韓国ではプロゲーマーの人気が高く、子どもが将来なりたい職業の1位がプロゲーマーとなっています。

 

今年の2月に日本国内で行われた闘会議2018で優勝したプロゲーマーの先駆者・板橋ザンギエフ(板ザン)氏が言っていました。

韓国では子どものなりたい職業の1位がプロゲーマーなんです。日本でもプロゲーマーが夢のある職業になってほしい

 

 

韓国ではサッカー選手の次にプロゲーマーが人気

色々調べてみると、韓国でのプロゲーマー人気は高くなっています。

 

子供が将来就きたい職業ランキングを調べてみると1位はサッカー選手、そして2位がプロゲーマー

 

人気スポーツランキングでも、1位サッカー、2位eスポーツとなり、eスポーツとして浸透しています。

将来の夢はプロゲーマー? 韓国でeスポーツが異常なほどの人気

 

また、eスポーツ専門チャンネルがあるほど、eスポーツやプロゲーマーの人気が高く、韓国では観客の9割が女性

まさに、プロゲーマーはアイドル並みの人気があります。

 

では、なぜそのようにeスポーツ大国となったのでしょうか?

 

 

eスポーツの普及は国策とネットカフェ、専門チャンネル

韓国では、国の政策の一つとしてブロードバンドの普及を進めました。日本よりも早くブロードバンドの環境が整い、2000年の初めにはインターネットはすべて光ファイバーとなりました。

 

日本では、ADSLの時代でした。その時に、韓国では光ファイバー。

 

通信環境が整ったことで、オンラインゲームのプレイヤーが増えました。

 

もう一つ、eスポーツの普及を加速させたのが、ネットカフェです。

「e-Sports」先進国の韓国、普及の理由はネカフェ!?

 

 

日本でネットカフェというと、暇つぶしや宿泊、ネットカフェ難民などのイメージがあります。

韓国ではネットカフェでオンラインゲームをするという文化です。特にゲーム会社が運営しているネットカフェは通信環境が整っているため、多くのゲーマーが利用しています。

 

2000年ごろより、eスポーツ専門チャンネルができたことも、eスポーツが人気となった要因の一つです。

 

国や社会が、一つの文化としてeスポーツを盛り上げたことで一気に広まっていきました。

 

 

日本で広まらないeスポーツ

韓国で人気の高いeスポーツ。韓国や中国、アメリカなどでeスポーツが広まり、日本で広まらないのは、世界に対する考え方が異なることもあると思います。

 

特に韓国は、ビジネスをするなら世界を考えてサービスを考えなければ、戦うことができません。

それほど、視野を広げどのようなビジネスなら世界の先を行くことができるかと見ていたので、eスポーツの変化にも対応しいち早くはじめることができたのではないでしょうか?

 

日本は、国内だけでも十分に経済を回すことができたため、世界に目を向ける以上に国内にとどまっていたこと。

また、ゲームは娯楽の一つととらえていることです。

 

 

私の周りにも、将来子どもがプロゲーマーになると言い出したら、どうやってやめさせようかと考えるというほど、プロゲーマーの地位は高くない

プロとして活躍できるかもしれないが、世界を変えるチカラはないと思っている感じはあります。

 

今は、色々な企業がプロゲーマーとスポンサー契約を進めているので、eスポーツの認識は変わってくると思います。

 

eスポーツカテゴリの最新記事