【悲報】賞金500万円が没収?!パズドラチャンピオンズカップでの出来事

eスポーツ

パズドラチャンピオンズカップで優勝した中学生が賞金を受け取れなかった

東京ゲームショウ2019で起こった出来事です。

2019年の東京ゲームショウは9月12日~9月15日まで幕張メッセで開催される日本最大級のゲームイベントです。

今回は東京ゲームショウ2019の中で、プロゲーマーによる『DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019』が開催されました。

[nlink url=”https://pad-esports.gungho.jp/tournament/2019tgscmp/” title=”パズドラチャンピオンズカップ2019″ excerpt=”賞金総額1,000万円!プロも参戦する最強決定戦が開幕” img=”https://pad-esports.gungho.jp/tournament/2019tgscmp/_img/main_pc.jpg”]

パズドラチャンピオンズカップはパズドラレーダーの最強決定戦として、プロゲーマー同士の熱き戦いが繰り広げられる大会で、優勝者には賞金500万円と副賞が授与される予定でした。

 

そして、見事優勝を勝ち取ったのは、中学生プロゲーマーのゆわ選手でした!

 

ゆわ選手は松竹芸能に所属し、JeSUのジュニアプロライセンスを取得している日本で唯一の現役中学生プロゲーマーです。

優勝者には、賞金が授与されるはずでしたが、JeSUの規約により賞金は没収。

 

 

JeSUの規約によると

4.2.3 ジュニアライセンス保持者は、JeSU が IP ホルダーその他関係者と協議
の上で別に定める場合を除き、予め賞金(報酬)を受領する権利を放棄す
るものとするが、JeSU において相当と認める範囲のものに限り、賞品を受
領することができるものとする。ただし、金券に類するものとして JeSU が
別途判断するものは賞品としても受領することはできないものとする。

賞金を受賞する権利を放棄すると記載があり、今回はこれに該当していることが推測されます。

この事態に多くのゲーマーから大ブーイングが飛び交う結果となってしまいました。賞金はそもそも授与されなかったのは、主催者側はどのような準備を行っていたのかが、徐々に明らかになってきました。

 

JeSUが賞金を没収したのはなぜか?

こちらの記事によると

[nlink url=”https://toyokeizai.net/articles/-/303306″ title=”東京ゲームショウで露呈したeスポーツの矛盾” excerpt=”賞金は「報酬」として受け取れるはずだが…” img=”https://boss.techdriven.biz/wp-content/uploads/2019/09/img_2612c7bed10048dfacd79fdc5b298abc271747.jpg”]

eスポーツで支払われる高額賞金はプロライセンスを取得することで仕事の報酬とすることができ、それにより景品表示法に抵触しなくなるという、これまでのJeSUの見解を覆すものでした。興行性のある大会であれば、プロアマの規定にとらわれず、仕事の報酬として賞金を支払うことができるようになります。

興行性のある大会であれば、プロアマ関係なく報酬をもらえるということになりました。

なので、賞金は景品表示法が定めるところの10万円または商品の20倍までという規定はなくなりました。

また、仕事の報酬なので、子どもでも報酬を受け取ることはできます。労働基準法を守っていればという条件付きです。

その労働基準法によると、

1.満18歳未満の年少者は1日8時間、週40時間を超えて働かせることを禁止

2.午後10時から翌日午前5時までの深夜に労働させることも禁止

上記の2つの条件を満たしていれば、問題ありませんでした。

 

それゆえ、パズドラチャンピオンズカップでは、ゆわ選手は何も問題なく賞金を受け取ることができたはずです。しかし、ジュニアライセンスの規約にある報酬を授与する権利を放棄するとあるので、賞金はなしになったという結果になりました。

 

環境が整っていたにも関わらず、対応ができなかったのはJeSUの存続にかかわる問題だと思われます

規約以上に何かが動いたという見方をされてもおかしくありません。

中学生が仕事の報酬を受け取っていいのか?

ここで、あらたな問題としてあがってくるのは、中学生は仕事をしていいのか、それで報酬を得てもいいのか?ということです。

中学生までは義務教育として国が定めているため、勉強することが仕事だという認識は根付いています。

ただ、やっている仕事によって世の中の認識が違うようです。

新聞配達や牛乳配達はえらい!

プロゲーマーで稼ぐはもっと勉強しろ!

ネットで稼ぐはもっと勉強しろ!

 

汗水流して働くことは美徳とされているため、肉体労働の新聞配達はえらいとみられるようです。でも、今の中学生にはそんな時間はありませんね。塾や部活で誰でも忙しく生活しています。

そのような中でも自分のやりたいことを見つけ、取り組んでいくことはどのようなものでもよいと思います。それがプロゲーマーだったとしても。

eスポーツは今後どのようにすべきか

JeSUは直ちに規約を更新し、ジュニアライセンスでも賞金が受け取れるように変更することが、今後eスポーツの盛り上がりにつながっていくと思います。

日本はゲームに対するイメージが悪く、ゲームに熱中している=犯罪予備軍とみてしまっている傾向があります。そのような現状を変えて、職業の一つ、選択肢の一つとして提示できる世の中にしていくことが重要だと感じます。

いろいろと批判はありますが、JeSUがさらに変わっていく原点になるように願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました