【参加チーム2倍以上!】第2回全国高校eスポーツ選手権

【参加チーム2倍以上!】第2回全国高校eスポーツ選手権

昨年、熱い戦いがあった、全国高校eスポーツ選手権が今年もやってきます。前回大会と同じで、ロケットリーグ部門とリーグオブレジェンド部門の2つの種目でそれぞれ競い合います。

今年から参加するチームもあり、今年の年末は昨年以上に盛り上がる大会になってくるでしょう。

この大会に参加できる資格があるのは、

  1. 日本国内にいる満16歳~満19歳(該当誕生日2000年4月2日~2004年4月1日)までの高校生
  2. オンラインとオフラインの大会に参加できること
  3. 同じ高校からチームを組んで参加できること
  4. チームキャプテンとスターティングメンバー選手の内1名は、日本語で円滑にコミュニケーションが取れること

以上の4つです。

今年はどのような戦いが繰りひろげられるのか、楽しみですね。

 

参加チーム数は前回大会の2倍に

第2回の全国高校eスポーツ選手権の参加チームは前回大会よりも増えています。

今年の参加チームはロケットリーク部門しかわかりませんが、2019年の選手権に参加しているチーム数は106チーム。昨年2018年の選手権に参加しているチームは60チーム

参加チームは約2倍にまで増えています。リーグオブレジェンド部門はまだ参加チーム数は出ていませんが、おそらく全体としても昨年を超えるチーム数になっているでしょう。

 

ロケットリーグ

ロケットリーグは1対1から4対4までプレイできるオンライン&オフラインゲームです。Steam、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchで購入してゲームをプレイできます。

プレイヤーはロケットカーと呼ばれる車を操作します。車はジャンプやロケット飛行ができるもので、約20種類あります。

ゲームの形式はロケットカーを使ったサッカーゲームです。

競技人口は2017年の時点で3000万人いるといわれているほど人気のあるゲームです。

created by Rinker
¥3,663 (2019/11/14 13:57:49時点 楽天市場調べ-詳細)

 

League of Legends(リーグオブレジェンド)

League of LegendsはWindows、macOS用のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ型のオンラインゲームです。

一度に10人まで同時にプレイできます。競技人口は世界で1億人を突破している人気のあるタイトル

毎年世界大会が開催され、2018年の「2018 World Campionship」では、日本のプロチーム「DetonatioN FocusMe」が日本代表として参戦。大会で勝利を重ね、日本チームの可能性を見せた大会でした。2019年は4月に開催されています。

 

eスポーツのタイトルの競技人口が多いこと以外に参加チームが増えたのは、全国高校eスポーツ選手権にeスポーツ部発足支援プログラムがあることが大きいと思います。

 

eスポーツ部発足支援プログラム

eスポーツ部発足支援プログラムはeスポーツ部の発足を支援するため、eスポーツには欠かせないゲーミングPCの貸し出しを受けることができるプログラムです。

支援するのは株式会社サードウェーブ。ゲーミングPC「ガレリア ゲームマスター」を5台、3年間継続でレンタルすることを条件に、最初の2年間は無償で使えるという支援プログラムです。

これを利用して、今回の大会に参加する高校もあります。

 

貸し出されるゲーミングPCはデスクトップ3台(キーボード、マウス付き)、ノートPC2台、ディスプレイ3台で計5台分です。

以下のゲーミングデバイスです。

created by Rinker
¥113,278 (2019/11/14 13:57:49時点 楽天市場調べ-詳細)

レンタルだと年間391,680円(税抜き)で3年レンタルだと1,175,040円(税抜き)そのうちの2年分が無償になるのは、お得です。eスポーツを始めようと思うと、最初に機材をそろえる必要があり、1年分の費用で3年使えるのであれば、導入しやすいと思います。

 

また、高校生のチームがこれだけ増えているのは、連日メディアでeスポーツが取り上げられたり、11月から地上波でeスポーツの番組が始まったりして注目が集まっています。

 

11月から地上波で始まるeスポーツ番組

11月から始まるeスポーツの番組は2つあります。一つはRAGEによるeスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」のセカンドシーズンが放映されます。

 

RAGE Shadowverse Pro Leagueセカンドシーズン

RAGE Shadowverse Pro Leagueは5月から8月に行われるファーストシーズンと10月から2月にあるセカンドシーズンの2回プロリーグ戦があります。

地上波で放送されるのはセカンドシーズンの開幕戦からです。セカンドシーズンでは8チーム参加します。

プロリーグに参加するチームは

  1. AXIZ
  2. auデトネーション
  3. G×G(読売新聞社のeスポーツチーム)
  4. 名古屋OJAベビースター
  5. 横浜F・マリノス
  6. よしもとLibalent
  7. レバンガ☆SAPPORO
  8. 福岡ソフトバンクホークス ゲーミング

以上の8チームです。最近では、プロスポーツクラブがeスポーツクラブを開設する動きが出ていて、今回のShadowverse Pro Leagueでは3チームがプロスポーツクラブのプロゲーマーが参戦します。

上位チームには賞金が出ることになっています。果たしてプロリーグを制するのはどこのチームになるのか?見ものです。

 

eスポーツニュース情報番組「ReAL eSports News」

もう一つは11月15日から月一のレギュラーで始まるeスポーツニュース情報番組「ReAL eSports News」です。

 

番組のメインキャスターは南海キャンディーズの山里良太さん。ゲーム実況動画好きで、自身でもゲーム実況配信をしています。

取り上げるeスポーツは

  1. League of Legends(LOL)
  2. シャドウバース
  3. ストリートファイター
  4. ウィニングイレブン

 

 

以上の4つの競技を中心に、日本や世界で競技人口の多いタイトルを扱っていく予定です。こちらは月1ですが、どのような放送になるのか見ものです。

 

このように、日本でも地上波でeスポーツが放送されるなど、注目を集めています。

 

全国高校eスポーツ選手権の決勝は12月28日、29日

全国高校eスポーツ選手権のオフライン決勝は12月28日はロケットリーグ部門、12月29日はLeague of Legends部門にそれぞれ行います。

会場は両部門の決勝は渋谷区恵比寿にあるEBiS303で行われます。観覧もできるようなので、この日は大いに盛り上がるでしょう。

両部門の優勝チームには賞品があります。

「2019年度 eスポーツ部発足支援プログラム」モデルのガレリアゲームマスターノートPCです。

また賞品は準優勝やベスト4のチーム全員にも別のものが送られる予定です。

 

ゲーミングデバイスは必須

全国高校eスポーツ選手権を勝ち上がってために、必要なものがゲーミングデバイスです。プロゲーマーが使っているおすすめのゲーミングデバイスはこちらです。

ゲーミングデバイスをそろえて、eスポーツデビューしよう

eスポーツカテゴリの最新記事