【新型コロナウイルス】東京都の封鎖もありうる。東京オリンピックの開催は絶望的か

ニュース

日に日に感染者が増えていく新型コロナウイルス

国内の新型コロナウイルスは1500人ともいわれるほど増えています。(クルーズ船の感染者数を含む)

政府からの指示で感染の拡大は緩やかではありますが、それでも感染経路がわからず、患者は増えていくばかり

最悪のシナリオは東京都の封鎖です。すでに入国制限をしている国もありますが、次に行われるのは国内での移動の禁止です。

人が動かなければ、そこから菌は外に出ないという考えのもと、感染の広がりを食い止める最後の策として考えられています。

すでに、中国の武漢は都市を封鎖して、武漢から一歩も出られず、入られない状況になっています。

東京でも同様のことが起こりうるのでしょうか?武漢の例を見ながら検証してみましょう。

 

中国の武漢が封鎖に至った経緯

武漢は死者17人が出た1月下旬に感染拡大を防ぐために街を封鎖した。街から人気が消え、電車やバスなど公共交通機関はストップ、幹線道路は封鎖されて市外に出られないという、悲惨な状況だったことは記憶に新しい。

中国の武漢では死者17人が出た時点で都市を封鎖して、これ以上感染が拡大しないような措置を取りました。それでも志望者は増え続け、今では3000人を超える人がなくなっています。感染している人は8万人まで増えている状況です。

エラー|NHK NEWS WEB

新型コロナウイルスの怖いところは感染していても症状が出ない人がいるということです。知らず知らずのうちに、満員電車の隣にいる人が感染している可能性もあります。

では、東京都ではどのようなことが起こりうるのでしょうか?

 

東京都で起こりうる可能性

学校は臨時休校になっていますが、会社は動いています。

そのため、東京都を含め大都市圏にいる人たちが毎日、満員電車に乗って通勤しています。

時差通勤しているとはいえ、みんなが一斉に時間を変更するとピークが変わるだけで、込み合っているのは変わりません。

在宅勤務を推奨していますが、それに対応できるのは一部の企業のみ。ほとんどの企業が会社に行かなければ仕事ができない。

そこで、起こりうるのは、感染が広がってパニックになることです。

ウイルスは保持していても発症していない人が大勢いて、すでに蔓延していると考えてください。今後は大都市を中心にさらなる感染拡大が進むはずです。東京、大阪、福岡など、中国とは比べものにならないほど人口密度が高い地域は危険度が高い。特に満員電車は人と接するタイミングが圧倒的に多く、人混みなどを介して、どんどん感染が拡大します。感染者が増えて、東京などの大都市がパニックになるのは時間の問題です

また、新型肺炎を国が指定感染症にしたことで、さらに感染が広がる可能性があるという指摘もあります。

政府が新型肺炎を『指定感染症』に指定したため、感染がわかった時点で強制的に2週間入院することになった。日本人は真面目なので、体調が悪くても検査を受けずに仕事を続け、重症化するケースが多いと考えられます。個人も会社も『調子が悪ければ休む』ことを徹底してほしい

調子が悪くでも会社に行くというのは、美徳として見られているのか、それとも休めない仕事なのか、どちらかだと思いますが、悪しき日本の習慣がここへきて最悪の結果をもたらす可能性が出てきました。

このように広がり、武漢のように17人の死者が出た時点で東京都が封鎖になる可能性もあります。

今はまだ死亡した人は2人ですが、重症患者は7人います。今後どのようになるかは、病気の経過次第です。

 

万一、封鎖してしまったら、生活はどうなるのか。

武漢を例に見てみましょう。武漢では1月23日に突然、都市を封鎖するという指令が出たそうです

中国中央テレビ(CCTV)のウェブサイトが「23日午前10時に武漢市の公共交通機関、地下鉄、大型バス、長距離バスの営業を停止する」と伝えた。「特別な理由がない限り、市民は武漢を離れてはならない。武漢の空港や列車駅はしばらく閉鎖する。解除時間は改めて通知する」という報道内容だった

それ以降は人通りがなく、生活はすべてネットを使っていたというのです。

中国はネットが普及し、高齢者でもQR決済が使えるほどになっているので、それほど苦労はなかったのでしょう。

ネット授業、仕事、生活用品のネット注文なんかに、(封鎖以後)2月20日までに70GBのデータを使っているんですよ。武漢市民の大変さはこの数字をご覧になればおわかりになりますね

これと同じようなことが東京都でも起こりうるというのです。

封鎖されてしまえば、物流が止まります。そうすると品物が少なくなり、わずかな食料品をめぐって奪い合いが始まるかもしれません。

また、医療品ももちろん品薄になるため、すぐになくなるでしょう。

まさに、武漢と同じように街中から人が消えたようにいなくなる日が続くのではないでしょうか?

 

東京オリンピックは開催できるのか?

最悪、東京都が封鎖されてしまったら、東京オリンピックどころではないですね。延期または中止になるでしょう。

そのようなイベントよりも感染を食い止めてなくすことが優先です。

それでも東京オリンピックを開催してしまえば、日本から新型コロナウイルスを海外に広めてしまい、第2のパンデミックが起こってしまうでしょう。

 

まとめ

東京都の封鎖は現実味はありませんが、起こらない可能性はありません。

皆さんが対策をとっていたり、必要な人に物資がいきわたっていたりすれば、問題なく対策できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました